スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP -
七尾仏壇

七尾仏壇

七尾仏壇の特徴は、他に類を見ない堅牢な造りにあります。
七尾仏壇の堅牢さは、能登の地理的背景から生まれたものです。能登は山間部が多く、昔から交通が不便でした。従って、完成した仏壇は2人がかりで棒にぶら下げて担いだり、急な坂では1人で背負うなどして運搬しなくてはいけませんでした。このため、運搬に耐える頑丈な造りが七尾仏壇の必須条件だったのです。

堅牢さの秘密は、ほぞ(木材に彫ってある穴にはめこむために別の木材の端に作った突起)組みと言われる組み立て式にあります。しかも、鏡板(本尊、脇仏の後板)を2重にする「二重鏡板」という独自の製法によってより丈夫な構造になっています。

もう一つの特徴は、漆塗りや金箔加工など石川の優れた工芸技術を駆使した装飾です。
主に能登の農民や漁民向けに製造された七尾仏壇は、典雅な雰囲気の金沢仏壇と比較して、より豪華さを強調した造りになっています。

金箔をふんだんに使った二重破風(はふ)屋根の荘厳な「中立(なかだち)(宮殿のこと)」が特色です。青貝をたっぷり使い気品のある色合いと立体感に満ちた蒔絵を施してあります。また、緻密で幽玄な趣のある障子戸の彫刻や輪島塗の流れをくむ漆塗りなどにより、圧倒的な華麗さを誇っています。

また、仏具として扱われる三卓(さんしょく)(花鋲(けびょう)、仏具を置く三つの台)を仏壇の付属品として作ることも七尾仏壇の特徴の一つです。

七尾は仏壇産地としての気候風土にも恵まれていました。能登には原材料となるアテやヒバなどの木材が豊富にありましたし、湿度も漆塗りに適していたのです。

さらに、七尾は古くから能登の政治、経済、文化の要所としての役割を果たしていたことから、販路拡大にも有利でした。

能登地方も、加賀と同じく多くの人が浄土真宗を精神的基盤としており、農民や漁民らの厚い信仰心が仏壇の需要を支えてきたのです。

のとなび
ケータイで撮ってね!
能登の情報募集中!!
のとなびQRコード
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
人気者はだれ?
| 七尾市 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
七尾市って?


七尾市
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
七尾市(ななおし)は、北陸地方の西部に位置する市で、石川県能登地方の中心都市。
能登半島の中央部にあり、富山湾、七尾湾に面し、能登島を持つ。2004年(平成16年)10月1日、市町村合併により新市制の七尾市が発足。

○概要
合併によって、七尾湾中央部に位置する能登島町や七尾南湾西部の中島町や田鶴浜町を取り込み、七尾南湾を取り囲む形となった。東部は富山湾に面しており、湾に沿って北東へ伸びる崎山半島は、先端の観音崎で能登島と向き合っている。和倉温泉、赤浦温泉、赤崎温泉など温泉が多い。

○歴史
古代の能登国能登郡の地で、能登国府や国分寺が所在する能登国の中心部であった。さらに遡れば、能登国造が治めた土地である。全長52mの矢田高木森古墳(前方後円墳)や42メートルの矢田丸山古墳(円墳)を盟主とする矢田古墳群は能登臣一族に関わるとされる。対岸の能登島には延喜式内社伊夜比弯声劼篩換颪任眥舛靴す盒舂鐚阿寮仄爾鬚發朕楞床椣亰蠍妬がある。中世には鹿島郡となった。戦国時代には能登畠山氏が七尾城を拠点とし、7代目当主畠山義総の代には、七尾城下に壮麗な「畠山文化」 が栄え全盛期を迎える。

1577年(天正5年)、上杉謙信の侵攻により畠山氏は滅ぼされ、その後織田信長に仕える前田利家が能登全域を領有した。江戸時代には一部の天領を除き前田氏の加賀藩の一部となった。

のとなび
ケータイで撮ってね!
能登の情報募集中!!
のとなびQRコード
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
人気者はだれ?
| 七尾市 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
能登モバイル紹介サイト
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE