<< 寒ブリ | main | ころ柿 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP -
ボラ待ちやぐら

ボラ待ちやぐら
穴水町を海岸沿いに走っていると、↑写真のような物が見えてきます。
上のほうには人らしき人も居て(人形ですが)夜になるとライトアップされています。
これは「ボラ待ちやぐら」といって、ボラ漁に用いられていた物です。
知らずにこれを見るとちょっとビックリするかもしれませんね。

ボラ待ちやぐら
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ボラ待ちやぐらボラ待ちやぐら(ぼらまちやぐら)とは、七尾湾付近で行われたボラ漁に使われる櫓である。
ボラは警戒心が非常に強いため、漁師はこの櫓の上から海底に張ったフクロ網の上を通るのを待ち、網を通るとすぐさま引き上げる。
この猟方は江戸時代に始まり、かつては、湾内に多数の櫓を見ることができたが、1970年代から急速に減少し、現在は観光用に残されているのみで1996年を最後にこの漁は行われていない。
1889年に実見したパーシヴァル・ローウェルは、この櫓を「ロックの巣」と表現している。

のとなび
ケータイで撮ってね!
能登の情報募集中!!
のとなびQRコード
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
人気者はだれ?


| 穴水町 | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
スポンサーサイト
| - | 14:15 | - | - | ↑TOP -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notonavi.jugem.jp/trackback/121
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
能登モバイル紹介サイト
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE